魚の遡上(十和田湖)

2011年10月16日撮影
沢に遡上したヒメマスの群れ
1024-2.jpg


ヒメマスはベニザケが陸封された魚なのでとても美味です。
1020-1.jpg


オスのサクラマス、婚姻色が鮮やかです。
隣にメスがいますが、黒くて良く見えません。
1020-2.jpg

サクラマス(阿仁川)

県北を流れる米代川は、日本でも有数のサクラマスの遡上が多い河川です。
サクラマスの名前のとおり桜の花が咲く頃、海から母なる川に遡上して来ます。
秋にはペアリング相手を見つけ産卵し一生を終えるのです。

米代川支流の阿仁川で産卵を終え、今にも朽ちそうになったサクラマスのペアです。
黒ずんでいる方がメス、鮮やかな婚姻色が出ている方がオス、大きさは50~60cm。
メスの尾びれとオスの頭部は、皮が無くなり白くなっています。
1015-2.jpg


余命幾ばくもない二匹は寄り沿いながら、ゆっくりと上流にのぼっていきました。
1016-21.jpg

アユ

「撮り鉄」の合間、橋の上からアユの動きを追ってみました。
阿仁川の水、透明感が良いですね。
縄張りを持たない群れアユです。

0829-09.jpg



アユは石に生えたコケを食べます。
右の二匹がその瞬間です。

0829-10.jpg



石の地肌が出て黒くなっています。

0829-11.jpg



ヒラりと真横になって、コケを食べた瞬間です。

0828-5.jpg

明日はチョウトンボ。

イワナ

源流の滝ツボ

大イワナの予感・・・

0622-2.jpg



素晴らしいイワナでした。

0622-1.jpg


美しき渓流魚たち

イワナ

水を吸い込んだ波紋を捉えました。

0531-2.jpg




ヤマメ

口先にエサ釣り用の針が見えます。

0531-1.jpg



まだサビ付きです。

0531-3.jpg
プロフィール

一颯(いぶき)

Author:一颯(いぶき)
秋田県内を主に、ジャンルを問わずあっちこっちで撮っています。
写真はコミミズクです。
次はどっちに行こう・・・



写真の無断転載・無断コピーはお断りしますm(__)m

Since Oct. 2010

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR